社会人として知っておきたいこと

人間には職業選択の自由がありますから、仕事を辞めたくなった時は上司に伝えれば必ず辞められます。しかし、きちんとした礼儀を伴わない方法で退職を伝えた場合大きなトラブルに繋がる事がありますので、仕事を辞める際の心構えや注意点を学んでおきましょう。

例えば仕事を辞める場合、当日や一週間前に会社に伝えるのはNGとされています。法律上は辞める2週間前に届出を出すべきとされていますが、社会通念として3ヶ月前には会社に伝えるのが一般的です。勤めている企業によっては別途期間が定められている場合がありますので、チェックが欠かせません。自分が進めている仕事があったり社内の人員が足りない場合、会社としては十分な引継ぎやスタッフの補充が必要になりますから、そのためにもこうした期間が必要なのです。

また、退職する場合、直属の上司ではなく身近にいる先輩に伝えても意味はありません。人伝で上司に仕事を辞める旨が伝わった場合、気を悪くさせてしまう事もありますので注意しましょう。仕事を辞める際に手際が悪かったせいで、その後辞めるまでの間職場に居辛くなってしまう場合もありますので、きちんと手順を踏むことがポイントです。円満退職するためのポイントやコツについては・・・{http://setupretirement.net

退職する際は誰しも理由があるものですが、もしも会社に対して不満がある場合それを直に伝えるべきかどうかは難しいところです。例えば特定の社員と相性が合わないから辞める場合、それは自己都合でもありますから会社に不満をぶつけるべきではありません。こうした点で社会人としての心構えを持つ事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です